▼ 最短5日で日商簿記検定3級に合格できる独学勉強法!!合格出来なかったら、全額返金保証付き! ▼



2009年11月11日

会計ソフトのメリット



会計ソフトとは、日々の取引を入力することにより、
自動的に勘定元帳決算書が出来上がるというソフト。


会計ソフト経理に利用する企業が増えてきています。

会計ソフトを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。


・スピードと正確性が、格段に向上する。

・リアルタイムでの経営状態の把握ができる。

・会計事務所報酬の節約ができる。

・簿記の知識がなくても経理ができる

・データの修正が簡単

・会計事務所とデータを共有すれば確認・分析が正確になり、
 経営上の問題点の把握ができる

・管理が楽

・担当者の退職などによる引継ぎがスムーズ



など、会計ソフトを利用するメリットは多々あります。


また、会計ソフトはたくさん市販されていますが、
人気のある会計ソフトは以下のようなものです。


・弥生の「弥生会計」

・オービックビジネスコンサルタントの「勘定奉行」

・ソリマチの「会計王」

・ピー・シー・エーの「PCA会計」

・「JDL-IBEX出納帳」日本デジタル研究所



ほかにもたくさんの種類があるので、
口コミや体験版などを利用して、
使いやすいソフトを選ぶといいでしょう。


posted by 日商簿記最短合格プロジェクトチーム at 13:00| Comment(12) | 会計ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

会計ソフトとは



会計ソフトとは、
経理業務をパソコンで処理するためのソフトウエア。


会社の経理をパソコンを使って自分で行うケースが増えてきました。

会計ソフトはこの10年くらいで、
飛躍的な改良ができないくらい万全のものになっています。


その万全な会計ソフトは色々なタイプが出回っており、
どのソフトを使えばいいのか迷う人は多いことでしょう。


会計ソフトを選ぶ際、
どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

そのポイントをいくつか挙げてみましょう。


・会社の規模(仕訳数、部門管理かどうか、取引先・仕入先の数など)

・機能性、操作性

・拡張性

・消費税への対応

・メーカーのサポート体制、バージョンアップの対応

・法律改正などの対応がされているか

・人気があるソフトか



以上のようなことをポイントに会計ソフトを選ぶようにしたいですが、
いきなり購入するのではなく、
まずは体験版ソフトを利用することをオススメします。


もし、顧問契約を結んでいる税理士がいるなら、
相談するといいですね。

税理士さんが利用しているコンピュータのデータと
互換性のあるソフトを活用すれば、無駄を省くことができます。


また、ネットなどでフリーの会計ソフトも出ているので、
そちらを利用してもいいでしょう。



posted by 日商簿記最短合格プロジェクトチーム at 11:00| Comment(0) | 会計ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。