▼ 最短5日で日商簿記検定3級に合格できる独学勉強法!!合格出来なかったら、全額返金保証付き! ▼



2009年11月05日

工業簿記について



工業簿記とは、材料の仕入れ、
製品の製造や販売といった活動を行う製造業を対象とした簿記



工業簿記商業簿記と同じ簿記であるため、
企業の経営成績や財政状態を明らかにするため帳簿がつけられ、
最終的に損益計算書貸借対照表などの財務諸表を作成する点では同じです。

しかし、工業簿記では、
商業簿記にない製造活動の記録・計算が行われるため、
その明細として製造原価報告書(製造原価明細書)という
新たな財務諸表が追加されます。


工業簿記は、原価計算を行うか否かによって、
完全工業簿記と商的工業簿記(不完全工業簿記)とに分けられます。


・完全工業簿記
 …原価計算を採用している工業簿記のこと。


・商的工業簿記(不完全工業簿記)
 …原価計算を採用していない工業簿記のこと。
  小規模な会社では、わざわざ費用をかけて
  原価計算を行う必要もない場合、
  より簡便な方法で製造活動を記録していくのが商的工業簿記。
  期末製品などの金額は、見積額による。


通常、工業簿記と呼ばれているのは、完全工業簿記のほうです。


posted by 日商簿記最短合格プロジェクトチーム at 20:00| Comment(0) | 工業簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

工業簿記とは



簿記は、一般的に商業簿記工業簿記に区分されます。


工業簿記とは、製造業での会計処理に用いる簿記で、
原材料の仕入から加工、製品の販売に至るまでの会計を扱います。


工業簿記は、商業簿記の応用ともとれますが、
商業簿記と考え方が違うので苦手とする人が多いようです。


製造業は、原材料などの財貨を製造過程に投入し、
それに労働力を加えて加工、その加工過程において
原価償却費、消耗品費などの種々の用役を費やし、
最終的に新たな価値がある製品を作ります。

その価値の変換過程を
記録・計算・報告することが工業簿記です。


製造業は、会社(工場)の内部で行われる活動であるため、
内部活動と呼び、この内部活動が、
商品販売業にはみられない製造業の特色です。


工業簿記は、商業簿記に内部活動に関する、
記録・計算・報告が加わったもの
と言えます。



posted by 日商簿記最短合格プロジェクトチーム at 10:00| Comment(0) | 工業簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。