▼ 最短5日で日商簿記検定3級に合格できる独学勉強法!!合格出来なかったら、全額返金保証付き! ▼



2009年11月07日

勘定科目の種類



勘定科目とは、経理帳簿に記載するときの科目で、
資産、負債、資本、費用、収益などをさらに細分化したもの。

例えば、資産にもいろいろあり、
単位に資産だけではその内容がわかりません。

そのため、「現金」「売掛金」「建物」などの項目に区分して記録。

この項目を勘定と言います。


勘定科目は、5つのグループに分類できますが、
それぞれを説明しましょう。


・資産…財産のことで、
    現金、商品、備品、当座預金、銀行預金、売掛金、消耗品、
    建物、車、土地などに細分化できる

・負債…借金のことで、
    買掛金、借入金、前受金、仮受金、預り金など

・資本…元手のことで、
    資本金、引出金

・収益…商品やサービスを提供して獲得した儲けで、
    売上、受取手数料、受取利息、受取配当金、
    有価証券利息、雑収入など

・費用…必要経費のことで、
    仕入、給料、支払手数料、消耗品費、水道光熱費、
    広告宣伝費、旅費交通費など


勘定は、簿記の始めから終わりまでを通じた記録・計算の基本単位

日々の営業活動勘定科目ごとに継続的に記録し、
損益計算書、貸借対照表を作成すれば、
経営成績、財政状態を明確にすることができます。






【関連する記事】
posted by 日商簿記最短合格プロジェクトチーム at 16:00| Comment(0) | 勘定科目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。