▼ 最短5日で日商簿記検定3級に合格できる独学勉強法!!合格出来なかったら、全額返金保証付き! ▼



2009年10月27日

簿記とは


簿記とは、企業の日々の経営活動を記録し、計算・整理して
経営成績財政状態を明らかにする技能のこと



簿記を学べば、決算書(損益計算書、貸借対照表)が読めるようになり、
企業の収入や経費の流れが数字でわかるようになります

それにより基礎的な経営管理分析力が身につきます。


簿記の最終的な目的は、財務諸表と呼ばれている
貸借対照表・損益計算書を作成することです。

これが報告書となって、
経営方針を決めたり、税務署へ申告することになります。


つまり簿記は、企業の将来の経営を左右し、
銀行や取引先が企業の倒産の危険性や安全性を判断するのに
大きな影響がある
ということです。


どのような企業でもお金の管理は重要な業務の一つです。

簿記を習得するということは、
あらゆる業種の企業で必要となる知識を習得するということになります。






【関連する記事】
posted by 日商簿記最短合格プロジェクトチーム at 03:37| Comment(0) | 簿記とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。